Green Climbers Home 2017-2018 #7

DAY5

今日も今日とて6時前には目が覚める。
朝食のパンケーキにフルーツが乗っていなく、スタッフの可愛い女性に声をかけると恥ずかしそうな顔をして謝って、フルーツを盛りなおして戻ってきた。 お詫びなのかいつもよりフルーツのカットが大きくてボリューミー。





Jは昨日ターケークの町でメールをチェックして、メコン川の近くから普通にトゥクトゥクを拾って帰ってきたらしい。しかも暗くなってから閉まっていたマッサージ店が開店したとのこと。なんてこと。でも夜帰宅するには吹きさらしのトゥクトゥクは寒くて死にそうだったらしい。私たちも寒かったから良く分かるよ。
次回町に遊びに行くことがあれば、サークル噴水のところで降ろしてもらってメコン川付近まで歩いて、そこでトゥクトゥクを拾って帰るのがいいかもねと夫と話す。

朝食後は夫の希望で比較的遠いエリア、ミュージックホール辺りに行く。私は疲れているのであまり登る気が起きない。もといハイキング する気が無くて、ミュージックホール辺りは午後のエリアって書いてるから行っても登れないよとか足が疲れた~とぶーぶー文句を言いながら彼の後をついていった。



岩場についてみるとやはり陽が当たっており、快適に登れる様子ではない。藪蚊に刺されるだけ刺され(この旅で初めて蚊に刺された)、GCH二日目に行ったspielhalle(なんて読むのか不明、ドイツ語でゲームセンターの意味らしい)に再訪。

5クラスの長めのルートをアップで登ろうとしたら、間違えてスリング用のヌンチャクを数えず、ボルトの表記分しかヌンチャクをもっていかなかったので、ピンを飛ばしながら、ヌンチャクを回収しながらなんとか登った。風が強くて寒いし、簡単すぎて面白くないしで散々な一本だった。
そのあとRoulette6bにオンサイトチャレンジ。下部のジワジワ系を突破し、大きなフレークのバックレストで休止し、核心のハングに突っ込むも抜けのガバを見つけきれず悔しいかなワンテン。表情豊かで面白いルートだった。
夫はRoyal Flash6cとかをOS。そういえばここのルート名はポーカー由来のものが多い。

下部のじわじわ系垂壁 love it
バックレスト中

昼はまたまたタイカレー+エクストラエッグ。と、レモンシェイク。

さっぱりとして美味しい
タイカレー+エクストラエッグを二人でシェア
午後はルーフエリアへ。
むちゃくちゃ強い日本人の女性の登りを見たり、散歩のようにルーフエリアを登るGCHオーナーのターニャさんの背中に惚れたり。二人共小柄だけれども男顔負けのクライミングだった。
すっぽりクライマーが隠れてしまうトンネルを登るとても変わったルートを夫がOS。込み入ったラインなのでかなり流れが悪くなるよとのアドバイスで、掛けたロープを外しながら登るので見ているだけで怖い。7台のルートを2本くらいOSしてたと思う。記憶なし。
私はこのエリアの中でもとりわけ短く易しい6b+をトライ。下部テンテンだったけれども、ムーブを覚えたら登れそう。
この日からよく見た小柄で強いツインテール(しかも三つ編みの)バンダナオバちゃんの存在感がなんだか凄い。YさんがOS中にもかかわらずどんどんムーブを言ってくるので皆で苦笑い。
日本人かと思って声をかけたら台湾人(二度目)の激強クライマーは、夫がテンテンで抜けるルーフのmonkey trailをサクサク登っていた。日本のラーメン大好きと言ってきたので、飲茶大好きと返事しておいた。
monkey trailを登っているクライマーは皆、ルーフまでの垂壁パートはロープを外しながら登っていた。ルーフエリアはロープの流れが悪くなるきらいがあるので皆色々と工夫しているんだなと思う。
JやA達はエレファントで奮闘していた。

鬼のように強い関東のYさん
岩に群がっております


夜はいつものように皆で食事。チキンサラダとか春巻きとかを頼んだ。今夜のTODAY'S SPECIAL は昼に食べたタイカレーだったので残念だった。
食後はアメリカの893のbloodsサインを皆でトライしてお腹がよじれるほど笑ったり、UNOカードが見つからなかったので代わりに日本の「イッセーのセ」ゲームをしたり、Jの家族についていろいろ話を聞いたり…。日本びいきのpatやイギリス人のgary、大晦日に夫とダンスしていたドイツ人のFrancisも混じって、皆でだらだらと遅くまで過ごした。
ここで去年からデッサンの勉強をしているというPが夫の顔を描いてくれた。Pはひらがな・カタカナ・漢字を使い分けていた!その間、Pの食べかけのパッタイの皿を下げようとスタッフが入れ替わり度々立ち寄ってきたので、Aが「私が食べてるふりするわ」とお皿を隠すので爆笑。Aのかわいいジョークがいつもとてもツボだった。

「明日はあなたたちの最後のクライミングだからYはmonkey trailを落とさないとね」と夫へAからのプレッシャー。いつも夫のクライミングを見ているので、正直RPは難しいだろうなと思った。しかし明日レストでターケークに降りる予定だったのを、応援のために皆残ってくれるという。そして明後日の出発を見送ってくれるというからじーんときてしまう。
明後日にはここを離れるなんて、さみしくてたまらない。 

”sentday”
ネイティブはRPのことをsendと表現するのは知っていたけれども、RP日和のことを"sentday"(もしかしたらsenday?)と言うと教えてもらった。発音としては"せんせい"と聞こえるので意味が理解できてなるほどと思った。良い言葉。
皆が言うにはtomorrow is sentday!らしい。
 


P画伯のゆすけ 激似!
チキンサラダ ソースはいくつか選べた
いっせーのせゲーム
bloods!!! 凄く難しいw